<   2006年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 29日

大半の人は仕事して生活してる。

生活のためにお金が要るから、仕事してる。
その中の一部、仕事が生きがいの人、生きがいじゃなくても楽しい人は幸せでしょう。

でもそうでない人達もすごく多いですよね。
そういう人たちにって、人生の時間は楽しくない部分が大半で、
ほんのわずかな休日、ほんのわずかな自分の時間を得るために
その他大部分の時間を楽しくも無い仕事に費やしてるわけです。
最初から休日や趣味等の小さな自分時間のために働いているのに、
休日を満喫して「仕事に行く元気が出た」とか、「いつも仕事なんだからこのくらい楽しみがないと」とか
もうすでにそれ自体が大きく矛盾してるんじゃないかと思うんです。
ま、でも結局働かなければ生活できませんから、
多くの人はそういうことを感じながらも働いているわけですけれども。
生きるために働くのは、人として以前、生物の枠で見ても当たり前のことなのですけれども。


なぜ「たまたま死ななかったから」程度の理由で生きてるに過ぎない私が
働いてまでわずかな自分の時間を得る努力をする必要があるのか?
まわりにかけた迷惑や、まわりから借り受けた金銭。
それらを生きてる間に返すことに、いったいいかほどの価値があるのか?
「他人に迷惑をかけてはいけない」「借りた恩は返さなければ気がすまない」
そういう、自分の性格的なものも含めた「当たり前」すらも
「たまたま生きている程度」と自分を認識してしまった瞬間、
意味を持たなくなってしまったように私には思えるんです。
別に判りやすく無気力人間と言い換えてもいいんですが。



父の笑顔が思い出せなくなってることに最近気づいて以来、ずっと思ってます。
最初にそう思い至ったところまで遡れば、それはかなり昔からなのですけれども。



たまたま死ななかった程度なのなら、だったら今死んでもいいじゃないかと思うわけですね。
ぼくは新世界のネオニートになる!って遺書残したらなかなか面白いことになりそうな気がします。
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-29 23:07 | 最速の日常
2006年 11月 28日

カーボンナノチューブ

を構造を壊すことなくペースト状・棒状いかようにでも変形させる方法がついに確立されたようですね。
ニュース記事
なんでもアルコール中で超音波処理を施すことで可能だとか。
何年も前から目をつけていて、昨年末から今年春にかけては自作板で何かっちゃ
ナノチューブにすりゃいいじゃんってレスってた私にしてみればこれはとても大きな事件です。

テラヘルツCPUの時代・・・っ!


まぁCPUそのものもまだCore2Duoが出たばかり。
先に以前NECが行ったような燃料電池やアクセス速度なんかの向上とかいった
細かい部分から固めて、シリコンとナノチューブの性能の間を埋める製品リリースで金と時間を稼ぐでしょうから
実際テラヘルツCPUが手元に来るにはあと5年からは見ないとダメでしょうか。
まずはおそらくインターコネクトを差し替えるところから始まるでしょう。
にしても思ったより早かったものですね。あと1,2年はかかると見てました。
・・・熱量が下がったらますます(・∀・)スッポン!率が上がるのかな・・・?



11月18日にも記事でちょろっと触れましたが、
人類があと1万年かかっても見つけられないだろうといわれる夢素材、カーボンナノチューブ。
例えばそれは、テラヘルツCPU。
例えばそれは、ナノサイズ温度計。
例えばそれは、水素エネルギー大量発生装置。
例えばそれは、究極の衝撃緩衝材。
例えばそれは、高精細超フラットディスプレイ。
例えばそれは、一週間充電なしで使えるノートパソコン。
例えばそれは、蜂型戦闘兵器。
例えばそれは、パワードスーツ。
例えばそれは、軌道エレベータ。

いまだ未解明な部分は多いのに、ぱっと目にしただけでも実用化されてるされてない含め
これだけ多様な製品が作れるわけですよ。
21世紀には間に合いませんでしたが、近未来SFがもう目の前まで来てますね。
早くコストが下がって広く実用化されてくれないかなぁ。

つーかメイドロボか先行者くらい作れそうですね、そろそろ。


あ、これでもう液晶の時代終了じゃないですか?ハハハ←アンチ液晶
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-28 20:19 | 最速の日常
2006年 11月 28日

まんがタイム系

の単行本を今月頭に買ったりして、ととねみぎおもろいなとか思ったりしてます。
あまりこういう絵柄の漫画とかは興味がないというか好んで読もうとは思わないのですが(絵が嫌いとかじゃないです)
久々に自分で漫画買いました。しかも一冊がかなり高いのに複数冊。
ねこきっさ3巻の最後、ご老公が占いで世界滅亡させようとするあたり勢いが良くノってるのが感じられます。
朝倉さんとかもですが、ほのぼのしたのもいいもんですね。

だいたい今月頭くらいに買ったりしたのですが、今ちょっとととねみぎの検索かけてみたら

http://homepage2.nifty.com/nemigi/
その1:芳林堂書店 高田馬場店にて
11月4日14時から「0からはじめましょう」単行本記念ということで
サイン会があるそうな!ヒィ!
暇な方は是非いらしてくださいませー。多少暇じゃなくても!
是非是非!ゼヒ!ぜひーっ!(必死



・・・・・・


ととねみぎサイン会会場となったビル


私の職場があるビル



超職場。

*地図がなかったのでお借りしましたが別に書店で働いてるわけではないので念のため。



それで今月頭に「人は多いのに客はいない」なんて珍妙な事件が発生したのかな・・・?


まぁサイン会なんて田舎者だった私には関係ない行事だったし、
ペンで勝負してる人の顔見て握手したからってきゃーきゃー言う時代は
私の中ではすでに過ぎ去っているので別に出られなかったこと自体はたいした事件じゃないんですが
このニアミス感そのものがなんかショックありますね。月頭に単行本買ってから
仕事の休憩時間にマメに新刊チェックしに行ってた私としては。
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-28 19:43 | 最速の日常
2006年 11月 25日

今まで仕事でしたのでした・・・

(´・ω・`)明日は7時おきです・・・おやすみなさい・・・
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-25 23:56 | 最速の日常
2006年 11月 24日

今まで仕事でした。

明日は6時おきです。


寝ます=□○



そういや今日職場でビーチボーイズ聞いたんですが
どっかがカバーでも出したんですかね?
たまたまUSENでご年配がリクエストしたとかそんなのかな?


若干声が違ったような気がしますが、さすがに私が小学生のころの曲なんて
記憶と声が同じかどうか自信ないですねぇ。
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-24 23:56 | 最速の日常
2006年 11月 21日

まぁバトン

もう女の子って前提に私がこのバトン受け取る理由がないんですが。
もはや子って歳でもないですし。まぁ知り合いからのバトンで見てしまった人強制、みたいなこと書いてあったので・・・ネタないし・・・

-------------------------

注意*このバトンは女の子の心の鏡です。
実際は顔で笑ってるけど…心は…(笑)
結構恐ろしい答えがあるかもしれないので、
特に男性陣は心して見ていてください。
心臓が弱い方または小心者には見ることをお勧めしません。

【Q1】デートの日、あなたの彼氏が30分待っても来ません。どうしますか?
ばっかみたいに延々待ちぼうけした挙句何かあったのか電話するかいやもう少しってクマーみたいにぐるぐるその場を回ってると思いますね。

【Q2】デートの食事の場面で、割り勘になりました。
せめて世間様に見える範囲でくらい女の子にかっこつけてるようにみられたいっていう
その気持ちは長所にこそなれ短所にはならないと思いますね。

【Q3】デートしてる時、偶然!彼の友達に遭遇!
せめて世間様に見える範囲でくr・・・
まぁこっぱずかしいもんでしょう、そんなもん。

【Q4】よく女とHしたのを自慢する男っていますよね?人数とか。それに対して一言どーぞ!
へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~あじゃもう大往生しにいかなきゃいけないんでこれで。

【Q5】「お前と付き合ってから元カノとは連絡とってない」っと言った彼。
のーんとした顔で2,3日口きかないかも
もしくはその場で処刑かと。

【Q6】彼があなたの友達に手だしました!!どうします?
最初から気持ちがぶれてきたら言うこと、ってお互い約束してる仲なんで
責任とれよこのやろう、くらいじゃないかなぁと

【Q7】彼があなたの両親の悪口を言います。どうしますか?
心 か ら 同 意

【Q8】Hした後に自分だけサッサと服きて煙草吸う男どう思いますか?
いんのう湿疹の人ってそういうのほっとくとひどいめにあうから大変なんですって。
がりがりひっかいてると別れられそうだから、といってやってた古~い知り合いが
結婚考えてた人にふられたっていって泣きついてきましたね。
しかも結構発症率高いらしいですよ。あれって。おまけに不治の病とかなんとか。

【Q9】彼があなたの誕生日を忘れてました。どう思う?
すみません・・・甲斐性なしで・・・・・・

【Q10】彼があなたのことを「だからお前はだめなんだよ」と人格を否定するような発言をします。
そんなん言われなくても判ってるわーって山芋掘るだけ掘って食べずに捨てる。
*山芋を掘る:鹿児島弁。私の親族間ではぶちきれてぎゃーぎゃー口論することも刺していたけれど、ぶつぶつといつまでも愚痴ること。類義語:管を巻く

【Q11】彼と別れました。その時に「誕生日にあげたプレゼント俺も貰ったもの買い取るし、そっちも買い取って。」とか言う彼に一言。
遺書にはこれ以上お金に苦しみたくない、と書いておきますね。

【Q12】彼があなたにお金を借りたまま逃亡。どうしますか?
rァころしてでも うばいとる

まぁ金を貸すときはくれてやるつもりで貸せと教えられましたけどね。
私の場合さすがに生死関わりますし・・・

【Q13】くだらない自慢ばっかで話にオチがない男、どう思いますか?
へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~あじゃもう虫姫様ふたりしにいかなきゃいけないんでこれで。

【Q14】かっこいい訳でもないのに勘違いしてる男いますよね?どう思います?
そも、かっこいいという概念自体があいまいなのでなんとも思わない。
ブサイクのハードボイルドだってカッコイイんですよ。それはそれで。
むしろそれに何かをいう人を見たときに引く。

【Q15】このバトンを3人に回してください。
*注意*書く場合、猫かぶったりイイ子ぶってはいけません。本音でお願いします。
うーん・・・バトンやってはみましたが・・・女の人選ばないといけないんですかね?
でも私んとこ見てる人でそういう人って・・・
適当に見た人がもっていってくだしあ。
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-21 01:26 | 最速の日常
2006年 11月 18日

慰める権利

昨日かおととい書いた記事ですが。
この記事はコメントが長くなってきたというだけで書いてるので、
普段の六倍増しくらいに私の個人的な意見です。
普段から死ねだの半島は地図から消えろだの言ってるのに六倍ってどんなだと思うかもしれませんが、
ぶっちゃけ気分の問題です。
でも一応普段は断定的な口調は控えてるんですよ、ええ・・・
まどうでもいいですね。以下記事。


痛みを知っている人は、「判ってあげられるのは痛みを知っている人のみ」とかいいますよね。
ジャンル問わず物語などでもそういうせりふはよく見ます。
*「判るさ。俺もそうだったから」とか、苦労してるところをこっそり物陰から聞きつけてしまって
急にヒロインがしおらしくなるなんていうのを見るとさすがになんとまぁベタベタっていうか
それで手のひらひっくり返すのおかしくねっていうかとか思いますけど。


まぁ大小あれ、人は傷の舐めあい無く生きていくことが出来ないというのは真理だと思います。

それこそが支えあうという意味だとはみんな、心の奥では判っているわけですよね。
もちろん甘えるだけ甘えて改善されないというダメ人間だっていますから、大小あれと前提づけてはいますが。友を思って厳しいことを言う・・・とかいうことだって、そういう意味では舐めあいの一ジャンルなわけです。
これらいかような形であれ自分を支えてくれる人がいなければ、人は一人で立つことはできないというのは多くの方が潜在的に感じていると思います。
おそらくこのへんの理由があって「自分を愛せない人は他人も愛せないし他人から愛されることも無い」といった理論にたどり着くんじゃないでしょうか。
つらいことがあった自分が生きていたからこそ、同様につらいことにあっている他人に何かをいえるのだと思うのです。口に出さずただ抱きしめるのも含めて。厳しいことを言うのも含めて。

だから支えてくれる人がどこにもいなくなって、私も一度は死んだわけです。

繰り返すようですが、人が生きている理由なんて、
つらいことがあっても死ななかった、という程度のものでしかないんですよ。
なにくそと奮い立った人は強い人でしょう。その人にとってそのつらい出来事は、その人のキャパシティの20パーセントや30パーセントにしか至らなかったと考えられます。
だから奮い立つだけの力が沸いた。勇気や希望と言い換えてもいいですが。
同様にもうどうでもいい、と自殺した人も強い人であるわけです。彼らは100パーセントに達した絶望に、潜在的に秘めていたひとつの勇気、あるいは希望を振り絞って身を投げたというだけ。

例えばすごいFLASH動画を見て「私もこんなの作りたい、理屈は判らないが自分の情熱なら出来るはずだ」
と思うのはすごく低いレベルでの絶望でしょう。人はそれを目標が出来たといいます。
例えばすごいFLASH動画を見て「私はこんなの作れない、理屈は判っても自己を突き詰めると不可能」
と思うのはある程度レベルの高い絶望でしょう。人はそれを、挫折といいます。

自殺したのに死ななかったという程度の理由で生きながらえてる人なんて
この世にごまんといるわけじゃないですか。リストカット然り、飛び降り自殺然り、
冬季期末テストの日に無理心中に挫折して雨の中なんども車道に出ようとしてやっぱり挫折した人然り。学生に限らず、大人も、子供も。

くどいですが、その中で今もにこにこ笑ってるのは、たまたま死ななかったという程度の理由で
たまたま生きる希望というものが振ってきただけとも考えられるわけです。

偶然生きているんですね。

つまり死んでいてアタリマエなんですね。

比較的冷静にギャンブルやってる人ならよくわかりますよね。
まだいける、という言葉は、裏を返せばすでにいける範囲が狭くなっているのです。
もうあぶない、のです。



さてでは「このALIVEばりの自殺キャンペーンを阻止するにはどうしたら良いっていうの?」

問題は「死ぬということを実践できるだけの勇気を持つ人」の力を
いかにして「生きるということを実践することに向けさせることが出来るか?」。

つまりいかようにして傷を舐めることが出来るか?だと思います。
きっと例の知事だってなにもこきおろすするつもりであのような発言をしたわけではないと思います。
といいたいですけど彼の場合は無理ですね。腹を切って死ぬべきだ!
まぁどうでもいいや。次、次。
きっと「死ぬ気でやればなんとかなる」なんていう人も、こきおろすつもりであのような発言をするわけではないのです。
元気出してほしいから、踏みとどまってほしいから。でも結局他に言うことが思いつかなくて言うんですよね、きっと。あるいは自分がもうだめだと思っていながらどうにかなったから。
でもそれは間違ってるというのは、すでに触れました。

じゃあつらい思いをした人しか慰められない?それじゃつらい思いをする人がいなくならないですね。


*編集中の記事ですがこの問題には結論は出ないと思いますので編集しないかもしれません。
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-18 22:54 | 最速の日常
2006年 11月 18日

もいっちょ更新

http://tenshoku.inte.co.jp/msn/news/0604.html

特殊なグラスを使って立体を感じる。
ボンボンのふろくにすらついているようなダレでもしってるネタなのに*ていうかひさびさに本屋でボンボン見かけましたがロックマンきしょくないですか
飛躍的に進歩している昨今、すさまじいものを感じます。
クリスクロスがリアルな話になるのも、そう遠くはないかもしれませんね。
3Dは視差も音響もすでにクリアしてるのですし、
残された課題は実際に動く、感じるという神経レベルでの相互性を作ることのみではないでしょうか。
カーボンナノチューブが本格的に投入できるレベルになれば、
これらの処理能力だけならもはや満ち足りているとも思うんです。


でもこういうのを見るたびに思います。私はこれらヴァーチャルリアリティ内で自己を維持できるんでしょうか?

リアルとヴァーチャルの区別が・・・という話ではなくて、もっと簡単な。
私のような、片目の視力を失って昼と夜、厳密にはその瞬間瞬間の光量で遠近感も変わるような人が
このヴァーチャルな世界をはたしてありのまま受け入れられるのか?
ありていにいえば3D酔いしないのか?

それだけが気になるのです・・・
リアルになればなるほど、知覚する情報を脳が通常と同様に処理するようになるでしょう。
そうなれば、アタリマエに見える状態で酔うというばかげた話に。
あるいはリアルの知覚情報を下に個人個人で処理方法を変えると、それはそれで問題が。

また、身体に麻痺を持つ障害者のリハビリや人生観にも多大な影響を与えるだろうことは、
それらリハビリの専門家達が次々に提唱している専門器具からも予測は容易なのですが
麻痺から長く経ってしまった障害者がヴァーチャルの中で正常に動かすことが出来るのか?
せっかく作った「通常と別の回路を使って動かす」命令系統がなくなり、
ふたたびもともと使っていた回路(もはや存在しない回路)を利用しようとするのではないか?


どうなんでしょうねぇ。
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-18 22:22 | 最速のゲーム事情
2006年 11月 18日

イスラエルがんばれ

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061119k0000m030015000c.html

ついに緋蜂実装!って感じですね。実はあれってイスラエル軍のことだったとは・・・
あとパワードスーツとかもなんかほんと近未来っていうか漫画な世界。
超がんばれ。マジで超がんばれ。


*この記事のジャンルはゲームでいいんですかねw


あとガーヒー作りたいなと思っていたらすでにガーヒロなんてものが出来ていてびっくりした今日でした。
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-18 22:03 | 最速のゲーム事情
2006年 11月 17日

自殺することが負けることだと

誰が言い始めたんでしょうね。
おそらくはやはりうんたら知事のような頭の悪い人だったか。

こんにちわ、なんちゃら知事の発言で必ず問題が加速すると
信じてやまなかった人達のうちの一人、最速です。


まぁ大半の人は自殺=負けると考えているようで私のへそ茶も今が旬です。
ファイティングスピリッツをもてとか上澄み液吹きそう。

じゃあお手前さまはファイティングスピリッツを持ってるからいつでも自殺するだけの
精神的な強さがあるね?と。

人の不幸は絶対値ではないと思っています。
個人の性格などによるキャパシティに対してどれだけ「つらさ」が占めているかという
相対的なものだと私は思うんですね。
誰かが誰かをさして「自分よりはまし」と思い込む。
速水敏彦の本にも少し触れられてるらしいですが、そんなことは誰にもできやしないわけです。
*余談ですが、「他の誰かよりはまし」とうい考え方はおかしいと指摘するわりには
父の世代も祖父の世代も、どいつもこいつも「お前らが不幸なんてばかげてる、世の中には
勉学どころか飯も食えない連中がいるんだぞ」なんていって若者を諭しますよね。
そういった意味で速水氏言うところの「他人を見下す若者たち」自体を咎めだてることが
他の誰かにできるのか、と思うわけですが。


死ぬよりはまし、死ぬくらいならまだがんばれる、なんて、
「そんな事が言える程度のつらさしか体験したことないの?」と逆に反論できる範囲ですよね。
そういった人たちが今も生きてる理由なんて、ただ死ななかったからという以外にあるはずもないのに。

生きることも死ぬことも、同じだけつらいことで、同じだけ勇気がいることで
同じだけ幸せなこと。
神の賽じゃありませんが、生も死も常に平等であることすらろくに理解できないような
なまっちょろい人生謳歌してる連中がしたり顔で自殺止めようとしてるのを見ると
一ヶ月も待たず三番茶まで出がらしになってしまいますね。茶柱が立つも相当数発見されますよ。

同様に、生かすことも殺すことも同じだけの価値しかないことを理解しなければ
口先だけの犯罪対策、自殺対策になってしまうと思います。


人様の命がそんなに尊いものなわけないですのにね。何をきちがいじみた勘違いしてらっしゃるのやら。
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-17 23:58 | 最速の日常