最速の中のBlog

saisoku.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 27日

とと1クリア

フェル侍(になった元戦士)が通して2回しか死んでいなかったことに気づきました。


んが、クリア後クエスト進めてたらラスボスとの再戦で地に足を。
きつかった!

以下レビュー。10点満点。

・バランス調整がカス -3点
敵の強さの調整があまりにひどすぎます。強すぎるとか弱すぎるとかではなく、
調整そのものがひどいです。
例えば毎ターン999回復の敵がいて、こちらのターンあたりの平均与ダメが全員攻撃参加して300程度。
何をしても勝てる見込みがない、いわゆる積んだ状態なのがありありとしてます。
してますが、HPMAXが1050くらいなので根気良く攻撃を続けてクリティカル連打が出れば勝ちです。
中間はありません。長期戦で少しずつ敵にダメージを蓄積させて・・・などという世界ではありません。
強敵を倒しても達成感ゼロ。
また、敵も即死攻撃ばかりを使ってくるようになるため、通常のゲームのような楽しみ方は出来ません。

それを踏まえたうえで敵が弱すぎ/強すぎ。カス。

・ダンジョン構成がカス -1点
ダンジョンRPGに必然性を求める意味はあまりないのですが、物事には順序があります。
序盤のダンジョンで基本的なトラップをちら見させて、話が進むとどんどん難しくなっていくのが通常のダンジョンRPGですが
このゲームはそのような配慮は一切されておらず、ダンジョンマップは全て点対照、
中央のマップ(5マップのダンジョンなら3マップ目)以外はランダムでどれかのマップが選ばれるという、
半分ランダムダンジョンを気取った形となっています。その手抜き感たるや!
ダンジョンRPGでダンジョンに価値を見出せないゲームに何の意味があるんでしょうか?

・システム設定がカス -1点
ひどいくらい設定項目がありません。ラジカセの方が多いです。

・ユーザインタフェイスがカス -2点
ファミコン・スーファミレベルのうんこ。

・バグがカス -3点
最も難易度の高いレアアイテムが実は絶対に出ない設定になっていたりします。
あと戦闘用に簡単な掛け声がボイスで用意されてるんですが、
なんで男と女の声が同じになってることすら気づかなかったの?バカ死?

・イベントがカス -1点
若年層を狙ってか学園モノを謡ってますが、目を瞑ってボタン連打するレベルのイベントとストーリーです。
また、イベント内容とダンジョン探索をうまく織り交ぜてプレイさせるといった初歩的なことが出来ていないので、
作品のレベルはこれまたファミコンかスーファミレベルでしょう。


総合:3点
楽しませようという意気が感じられない作品です。さすがの原神ゲーとしか言いようがないカスゲーでした。
元々がPS2の作品ソースもろ流用でストーリーだけ強引に挿げ替えたもの、
それも元の作品もカスという目もあてられないこのゲーム、
ぼーっとレベリングしたり、宝箱の中身を延々と鑑定する作業に楽しみを見出せる古参ゲーマーでもなければ、
最後までプレイするのは難しいでしょう。

ぼーっとレベリングしたり、宝箱の中身を延々と鑑定する作業に楽しみを見出せる雑食ゲーマーなので加味して総合3点。


*ととモノ2はもっとひどいんですけどね!
[PR]

by goukasoshina | 2009-06-27 19:13 | 最速のゲーム事情


<< バス釣り人検挙      これは判ってて言ってたら面白い... >>