2008年 06月 02日

婿食う症候群(護持)

最近まれにですが、眠る際に無呼吸が生じてなかなか寝付けないことがあります。
本格的なものではないのですが・・・これもでぶったためでしょうか。

一般的には、無呼吸症候群の場合いびきが特徴といわれていますが、同居人によるといびきはかいていないらしい。
そもそも眠ってはいなくて、うとついた瞬間に揺り起こされる感じが何度となく続きます。
時間を計ってみましたが、1分に2度程度と感覚は短い。
つまり寝付こうとしてから寝入るまでの間が問題で、この間に頻繁に息が止まってしまう。
息をするのを忘れてしまう感じでしょうか。息を吐ききって苦しいという感触。

胸式呼吸から複式の呼吸に切り替わる瞬間があります。
何度も息が止まって苦しむということを繰り返した挙句、これがどうもうまくいかないらしいことに気が付きました。
ためしに意識して複式呼吸に務めるとなんなく眠ることができたり。

うーん、何が原因なんでしょう、寝不足のせいでしょうか?風邪のせいでしょうか?
たんにでぶっただけならばいいんですが・・・
父の無呼吸症候群を見てきましたが、でぶった場合のそれとも違うようで。
[PR]

by goukasoshina | 2008-06-02 00:25 | 最速の日常


<< 西日本シロアリ2008      緋想天メモ >>