2007年 05月 10日

ケガの経過

ケガの深さなどと相談なのではありますが、無理の無い範囲で
なるたけ細かい動きは今からはじめたほうがいい。

そうお医者様にいわれました。

作業療養?かなんか忘れましたが、指などの神経は早期の処置が肝心なんだそうです。
時間を置くとどんどん回復しなくなっていってしまうとか。

そんなわけで、ちょっと無理してパッドも出来る限り親指を使ったりしてゲームしているわけですが


これが芳しくありません。
思ったより動きますし、不用意に物を触れば多少の痛みも感じ取れるんですが、
なんでしょうか、長時間正座で足がしびれたときの脱力感でしょうか、
あんな感じのふわふわした感じが指先を取り巻いています。
痺れは無いから、局部麻酔が効いてる時の状態と行った方がいいでしょうか。
ボタンを押したのか、押してないのかを判断することが困難です。
あと鈍い、何か重さのようなものも感じます。これは何でしょうか。鈍痛・・・の一歩手前みたいな。
こういうのって痛みもなくなってしまうものだと思っていたので、そこはある意味安心しましたが・・・

半身不随の縁浅からぬ人。最初は指も動いていたのに、めっきり反応がなくなってしまいました。
私の指も、そのうち動かなくなってしまうのでしょうか。

手だけは唯一私の五体でまだ何も障害らしい障害がない部分だっただけに、
もう数日経つのに感覚が戻らないのが恐ろしくて、気が滅入りそうです。


そろそろ障害者手帳、真剣に考えたほうがいいのでしょうか。
[PR]

by goukasoshina | 2007-05-10 10:11 | 最速の日常


<< 人生はすべからくネタであるべき...      バイト休み >>