2007年 02月 21日

相手を圧倒的実力差で

圧倒的実力差でサンドバッグ状態の対戦になって、
ボコった相手が戦意喪失してボタン押す気力もなくしたら「俺に失礼だと思わないのか」
っていうのもちょっと、違うと思いますねぇ。

いや、まぁ最後まで抵抗するのは対戦相手に対する礼儀だとは思うんですけどね
「これだけ圧倒的だとこの子が面白くないんじゃないかな」って感じたりしないのかな?

同情してくれっていうんじゃないんですが・・・うーん、ちょっと文が思いつきませんね。
なんだろ、一方的な押し付けに見えるなぁ。
相手がふさぎ込んじゃう可能性っていうのは常にあるわけじゃないですか。
パーフェクト取れないほうが恥、みたいな対戦内容で
「俺が面白くないからお前は最後まで全力で来い」
っていう意見そのものがもう驕り高ぶってるように、私は見えるんですけどね。
戦意喪失しても全力で戦えっていう物言いがもう矛盾しすぎ。わしの全力は108式まであるぞ!

ボロ雑巾にも満たない負け方を延々と繰り返しても茫然自失としない、
相手の気持ちまで気回す余裕がある人だけが対戦しろ、他は死ね、って話なんですかね?
それとも心が折れてもとりあえず戦ってるように見える負け方をしろ?俺が面白くないから?
それは八百長かな?逆に失礼なんじゃ?


ま体育会系縦社会は苦手ですねどうにも。社会はみんなそんな感じですが・・・気持ち悪い。


たぶん、こういうことの積み重ねでどんどん遊ぶ人減っていくんでしょうね。
[PR]

by goukasoshina | 2007-02-21 14:05 | 最速のゲーム事情


<< へーい今日のさらしAGE!      コミュニティ減らさないと >>