最速の中のBlog

saisoku.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 08日

東方Sun月星

というわけでうわさの三月精一冊目を借りてきたんですが・・・

うわさ通りのひどさですね、これは・・・
ぱっと目に付くだけで白い。下書きじゃないのって言うし。
ペン入れが汚い。雑。この書き味はコピックでしょうか?かすれて読めないところ、
たんに書き損じたところ・・・せめて表紙背表紙くらいはもうちょっと。
そして一番の問題点としては、描くべきところが描かれていない。
光の精霊が擬似的に虹を作り出して、それをキャラクタが見上げる(と前後から推察される)シーンがあるのに
見上げた空に何もない。
あまりに不自然すぎて新手の表現技法かと疑ってしまうくらい。

これはさすがに降ろされますわ。ハンターハンターを思い出しました。
おまけに編集されてるスペルカードやキャラクタ解説が全くちぐはぐだしね。ZUN氏も怒るとこじゃ。


と、批判はこのくらい。
物語の中身はなかなかよく出来てますね。ネタ切れは目に見えてますが(実際、新三はネタ切れから別展開を持ってきてますし)、
東方世界のユルさ、まったり感、不思議空間がよく表現されているんじゃないかと。
巻末のZUN氏の話もよくできていますね。
一貫した世界観が見て取れて、やはりつくづくよくできた物語だなという印象でした。

でも1500円は高いな、これは。ハンターハンターに1500円は払えないな。
ZUN氏オリジナルのミニCD付き公式ファンブックとでも受け止めるのが良いでしょうか。
商業誌と思って見るにはあまりに・・・
[PR]

by goukasoshina | 2007-02-08 17:30 | 最速の日常


<< 対戦車募集      バーテンダー >>