最速の中のBlog

saisoku.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 18日

慰める権利

昨日かおととい書いた記事ですが。
この記事はコメントが長くなってきたというだけで書いてるので、
普段の六倍増しくらいに私の個人的な意見です。
普段から死ねだの半島は地図から消えろだの言ってるのに六倍ってどんなだと思うかもしれませんが、
ぶっちゃけ気分の問題です。
でも一応普段は断定的な口調は控えてるんですよ、ええ・・・
まどうでもいいですね。以下記事。


痛みを知っている人は、「判ってあげられるのは痛みを知っている人のみ」とかいいますよね。
ジャンル問わず物語などでもそういうせりふはよく見ます。
*「判るさ。俺もそうだったから」とか、苦労してるところをこっそり物陰から聞きつけてしまって
急にヒロインがしおらしくなるなんていうのを見るとさすがになんとまぁベタベタっていうか
それで手のひらひっくり返すのおかしくねっていうかとか思いますけど。


まぁ大小あれ、人は傷の舐めあい無く生きていくことが出来ないというのは真理だと思います。

それこそが支えあうという意味だとはみんな、心の奥では判っているわけですよね。
もちろん甘えるだけ甘えて改善されないというダメ人間だっていますから、大小あれと前提づけてはいますが。友を思って厳しいことを言う・・・とかいうことだって、そういう意味では舐めあいの一ジャンルなわけです。
これらいかような形であれ自分を支えてくれる人がいなければ、人は一人で立つことはできないというのは多くの方が潜在的に感じていると思います。
おそらくこのへんの理由があって「自分を愛せない人は他人も愛せないし他人から愛されることも無い」といった理論にたどり着くんじゃないでしょうか。
つらいことがあった自分が生きていたからこそ、同様につらいことにあっている他人に何かをいえるのだと思うのです。口に出さずただ抱きしめるのも含めて。厳しいことを言うのも含めて。

だから支えてくれる人がどこにもいなくなって、私も一度は死んだわけです。

繰り返すようですが、人が生きている理由なんて、
つらいことがあっても死ななかった、という程度のものでしかないんですよ。
なにくそと奮い立った人は強い人でしょう。その人にとってそのつらい出来事は、その人のキャパシティの20パーセントや30パーセントにしか至らなかったと考えられます。
だから奮い立つだけの力が沸いた。勇気や希望と言い換えてもいいですが。
同様にもうどうでもいい、と自殺した人も強い人であるわけです。彼らは100パーセントに達した絶望に、潜在的に秘めていたひとつの勇気、あるいは希望を振り絞って身を投げたというだけ。

例えばすごいFLASH動画を見て「私もこんなの作りたい、理屈は判らないが自分の情熱なら出来るはずだ」
と思うのはすごく低いレベルでの絶望でしょう。人はそれを目標が出来たといいます。
例えばすごいFLASH動画を見て「私はこんなの作れない、理屈は判っても自己を突き詰めると不可能」
と思うのはある程度レベルの高い絶望でしょう。人はそれを、挫折といいます。

自殺したのに死ななかったという程度の理由で生きながらえてる人なんて
この世にごまんといるわけじゃないですか。リストカット然り、飛び降り自殺然り、
冬季期末テストの日に無理心中に挫折して雨の中なんども車道に出ようとしてやっぱり挫折した人然り。学生に限らず、大人も、子供も。

くどいですが、その中で今もにこにこ笑ってるのは、たまたま死ななかったという程度の理由で
たまたま生きる希望というものが振ってきただけとも考えられるわけです。

偶然生きているんですね。

つまり死んでいてアタリマエなんですね。

比較的冷静にギャンブルやってる人ならよくわかりますよね。
まだいける、という言葉は、裏を返せばすでにいける範囲が狭くなっているのです。
もうあぶない、のです。



さてでは「このALIVEばりの自殺キャンペーンを阻止するにはどうしたら良いっていうの?」

問題は「死ぬということを実践できるだけの勇気を持つ人」の力を
いかにして「生きるということを実践することに向けさせることが出来るか?」。

つまりいかようにして傷を舐めることが出来るか?だと思います。
きっと例の知事だってなにもこきおろすするつもりであのような発言をしたわけではないと思います。
といいたいですけど彼の場合は無理ですね。腹を切って死ぬべきだ!
まぁどうでもいいや。次、次。
きっと「死ぬ気でやればなんとかなる」なんていう人も、こきおろすつもりであのような発言をするわけではないのです。
元気出してほしいから、踏みとどまってほしいから。でも結局他に言うことが思いつかなくて言うんですよね、きっと。あるいは自分がもうだめだと思っていながらどうにかなったから。
でもそれは間違ってるというのは、すでに触れました。

じゃあつらい思いをした人しか慰められない?それじゃつらい思いをする人がいなくならないですね。


*編集中の記事ですがこの問題には結論は出ないと思いますので編集しないかもしれません。
[PR]

by goukasoshina | 2006-11-18 22:54 | 最速の日常


<< まぁバトン      もいっちょ更新 >>