2006年 09月 13日

人の過ち

一生後悔するだけの過ちを犯したこと、あるでしょうか。


私にはあります。


手に負えなくなったからと言って、飼っていた生き物を簡単に野に放す・・・捨てるなんて
虫唾や反吐ではすみません。
どうしようもなかったかもしれないけれども、なら私たちはあのとき
犬と一緒に路頭に迷って
あの店の裏手にあった空き地で暮らせばよかった。
金がなければ死ねばよかった。

一生、思い出すたびに自分に殺意を覚えるような選択は絶対に許してはならなかった。

もしタイムマシンがあるなら、そのときまで戻って父を説得したい。
それを承諾した私を殴り飛ばしたい。


私は長くかわいがったかけがえのない家族とその娘、生まれたばかりの孫4匹を捨てました。


あれは絶対に許してはいけなかった。
[PR]

by goukasoshina | 2006-09-13 05:34 | 最速の日常


<< 殺意に視界が溶けていく      ROHAN事情 >>