2006年 05月 08日

レトロレビュー:じゅうべえクエスト

今日のレビューは先日少しだけ触れたこのタイトルで。

じゅうべえクエスト。ファミコンのRPGです。
「あのころのゲームは結構やってるんだけどなぁ」という方は
貝獣物語といえばピンと来るかもしれません。通報はしなくて結構です。

当時のゲームは軒並みエンカウント率が高めでしたが、そんな中でもトップクラスに敵が多いです。
今だとそれだけで投げ出す人もいるんじゃないでしょうか。
しかしそれを抜きにしてもボリュームが大きく、「進行詰まり」も含め
ゲームクリアまでにかかった時間が半端じゃなかった記憶があります。

戦闘画面ではキャラクターが表示され、横キーでこれを操作し攻撃する相手を選択、
主人公(じゅうべえ)はその際にさまざまな特性を持つ剣技を使用。
魔法も含めそれぞれ簡単ですが特有のエフェクトアニメーションがありました。
敵はダメージがたまるとイラストが変わり、瀕死状態を演出。
「たたかう」「じゅもん」の概念しかなかった当時のRPGにおいて、
多彩な剣技で敵を倒すこのシステムは
ドラクエの近似値でありながら、さらに1次元高い熱さを持っていました。

戦闘もさることながら、特筆すべきはその音楽。
「安全地帯」のベース、六土開正氏が担当。
ボスも通常戦闘も曲自体は変わらないのですが、
きれいなメロディーと構成で、ゲーム世界と完全な融合を果たしています。
フィールド音楽と戦闘音楽には今なお聞き入ってしまうほど。
戦闘終了時のファンファーレ(とされる曲)もうっとりするほど落ち着いた音です。
機会があればリメイクしてほしいものですね。

ストーリーは戦国SFでしょうか、突拍子もなく宇宙に飛んだりします。
当時独特の、「製作者のおあそび」的な導入で物語が始まります。
テキストに強引な展開を見せるのが難点でしょうか。
当時のゲームを並べるとどれも似たような感じ(FF3などは今やると苦痛でしかないほど)ですから、
これはまぁ仕方のないところでしょう。
使いまわしも多いですが、ホワイトウルフを偵察にとばしたときに「いってきまーす」
帰ってきたら「ただいまー」などの素朴でかわいいセリフがところどころで見られ和みます。
半漁人(むしろカッパ)の助っ人「さばのすけ」を川や海に偵察として出せるのですが、
長く泳がせると「くるしい」と訴えてきます。
さらに無理をさせると「もうだめ」と言い残し水没してしまい
しばらくの間呼び出そうとしても「さばのすけはどうした?」と、
まさかこれはプレイヤーに対する責めの言葉かと思うところも。

助っ人システム。
町などで仲間に出来、戦闘には参加しませんがアイテムの合成や異国の言葉の翻訳、
宝箱の罠はずしなど、さまざまな面でプレイヤーを手助けしてくれます。
ゲーム進行上でヒントが少ないのもこのゲームの特徴で、
助っ人システムと相成り常に試行錯誤しながら物語を進めて行くことになります。
攻略本が必要になるかもしれませんね。


などなど。見た目はドラクエに非常に近いのですが、中身が全く別物。
明らかに意識した敵なども多くでるあたりは狙ってるのかデザイン力がなかったのか。
ホワイトウルフの章を見る限り(このゲームは貝獣物語を継承しているので、特定のアイテムを手に入れれば好きなときに他の地にいる仲間の話を進めることができます)、
おそらく前者でしょう。

ちなみにホワイトウルフの章は本編1の巻後半でプレイできるようになります。
平和なオニガランドに再び迫り来る「モモタロゾンビ」とその配下(イヌゾンビなど)を相手取った
アンチ桃太郎なお話です。
ホワイトウルフ「シロ」は残虐非道な桃太郎の仲間などではないことを証明するため、
長年寄り添った飼い主の下を離れ旅に出ます。



*このゲームは4Mイッパイイッパイに詰め込まれたゲームです。PC用エミュレータでは満足に動くものがほとんどなく、それはハードエミュレータでも同様のようで、最速宅の同居人が買ってきた金色のネタエミュレータでも動きませんでした。
*PC用エミュレータROMは特定の条件で手に入れなければ違法です。
*旧ファミコン本体は「ポテト」等のレトロゲーショップで手に入ります。
*お金に余裕がある方はレボリューション待つのも良いでしょう。
[PR]

by goukasoshina | 2006-05-08 11:29 | 最速のゲーム事情


<< 自己分析バトン      第5の巻 >>