2006年 01月 12日

これ自分(脳内妄想)と同じネタじゃん?ってよくありますよね。

むか~し持ってたWebサイトで、ちょっとした詩っぽいのとか
小説とか書いてたころがあったんですよ。
長編ものの、ライトノベルのたぐいもいくつかありまして、
友人の演劇家に言われて小説大賞に応募したりというなんか夢のある時代もありました。
20歳くらいのころだったかな。なんだ、4年しかたってないじゃんプ

結局鯖会社のREDBITが夜逃げしたもんで、突然閉鎖になっちゃったんですがね。
金返してくれなくていいからOHDとトマトパッケージシリーズの膨大なバックアップファイル返して(。口。;)マジで

うちセブンスソードという物語がありました。
元ネタは七界の剣。まんまですが。高校のころちょこちょこ書き溜めていたやつです。
7つの異なる世界から、一振りずつ異なる能力を持つ剣が選び出されて
どこぞの世界が危機に陥ったとき、神が選んだ7人にこれを授け世界の命運を任せる。
選ばれた7人は自身と剣の能力を開花させながら、世界の危機を救うため奔走する。

舞台は現代で、七剣の中でも最も強力な剣を持つ科学者のオッサンがラスボス。
判りやすいくらい英雄の代名詞である「エクスカリバー」を持たせて、
狂気の科学者に人類を滅ぼさせる、何が正しいのかを問いかけるような話。
まぁよくある神を倒す的なのをもっと遠まわしにできないかという話ですよ。
愛あり死あり裏切りありの話で、正直こいつはぜって賞とれるんじゃね?とか
身内でもりあがったもんです。二次選で落ちましたがプ
まよくある若気の至りですね。
どこぞの宣伝部長なんかは宣伝用にサイトに載せてた冒頭部見たかもしれませんが
そっちはとんだデス移植でロリコンありボインありバヵありのウンコ仕様になってましたワラ


さて今日履歴書買いにコンビニ行った折、ぼーっとお釣りもらうのを待ちながら
ローソンだかサンクスだかの店頭ディスプレイ見てたら
セブンソードなんてでてるじゃないですか。
これがプロと素人の差なのかなぁと痛感しきりですよ。そこまで実力差があるのかと!ウワァーン!

まぁ当たり前なんですけどね、世界を舞台にしたとかいって、私の脳内ではオランダとイタリアと鹿児島しかないわけですし。んなんで書いても現実感ねーですよプ

*OHD:全8編からなるファンタジもの。小学校のころから父の協力を得て作ってた。サイトでは特にSWRPGのルールを改変して作ったさいころチャット利用のTRPGも。今でもなんとか世に出せないかと思うことがある。
第一候補‐>ROMANCINGVIP(^ω^;

*トマトパッケージシリーズ:短編恋愛小説シリーズ。すっきり読める軽い恋愛もの、という題目の元、中学校のころから友人たちヲタ仲間とあーだこーだやってた他、結構いろんな作家さんに寄稿してもらった。中にはプロデビューした人も・・・いる・・・のに・・・Orz
決して「トマトタイフーン!!」とか「スカンクスハリケーン!!」とかましてや「テッドファイヤー!ガガガッ」とか叫びながら路上でトラックに満載したトマトをぶつける話ではない。どうでもいいけどサンバーンXXはずっとエックスエックスと読んでいたけれどダブルエックスのほうがかっこいいかもしれない。



こういうのって書いちゃうとただの痛い人なんですけどね、自分っていうブランドの品位が落ちるというか。
形提示して話して初めて意味のある話じゃないですか。脳内妄想で結局つくってねーんじゃねお前、みたいな。
まぁもう別にいいかな。ROMANCINGVIPは作りたいプ
[PR]

by goukasoshina | 2006-01-12 10:52 | 最速の日常


<< これは流行る。      楽天炎上! >>