最速の中のBlog

saisoku.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 12日

エイベックスついに公式謝罪っ・・・!!・・・・・・・・・?

昔R田中一郎が「敗訴」とか書いた紙を持って現れるっていうジョークがあったんですが、あれって私元ネタ知らないんですよね。どうでもいいことですが。


今日の事件

のまネコグッズの販売は継続
未収分含む上記グッズ販売による金銭的利益を今後一切収受しない


販売継続は大前提、それに関するライセンシー関連の金銭の話を大きく前置きにもって来ました。
すでに出回ってしまったグッズについてはもうやっちまったもんだから仕方ないだろって感じですし、
まぁこんな下らない策略で生まれてしまったのまネコそのものが悪いというわけではないので、
ロイヤリティーゼロというのは最大限歩み寄れるところでしょうか。
あとはまともな企業なら赤字になっても追加生産は控えるでしょうし、
なければ今度は一般の購買層からも白い目で見られるだけですね。


で、この前置きの後、なぜこの決断に至ったのかを謝罪を含めて説明します。以下要約。

1:アスキーアートが出演するマイアヒFlashを見つけた。
2:このマイアヒFlashをもっと世間一般の人に楽しんでもらいたいと思ったので、AAではないキャラでの製作をお願いした。
3:予想外なほど一般の人にも人気が出た。
4:これはチャンスとキャラクターグッズ販売のためにさらに別物の「のまネコ」を作成、グッズ販売開始。

5:しかし、このマイアヒFlashそのものがアスキーアートや2ちゃんねる等のコミュニティなくしては
存在し得なかっただろう「人気」であったことを失念していた。
6:結果として最も尊重しなければいけないはずのアスキーアート、インターネットコミュニティに対する配慮を欠いたビジネスを展開した。

7:と、多くの人に指摘されることになってしまった。やってることは一般社会にごくありあふれるビジネスなわけだが。

8:ここでようやく、当グループは一般企業と違いエンタテインメント・ビジネスに携わる企業であるのにも関わらず、上記のような「自由な表現・創作活動」に重要な価値を置かない、一般的な考え方でのビジネスを行ってしまったことに気づき、今回の決断に至った。

9:今回の件で不快な思いをさせた方々、関連企業様、そしてアスキーアートを愛し育てるインターネットコミュニティの方々にお詫び申し上げる。
10:我々は今回の件から、ネットコミュニティで創作活動に従事する諸氏を
バックアップしていくことに関し積極的に検討していくことにした。
11:なお殺人予告については断固とした行動をとらせてもらう。今回の発表はこれを受けてのものではない。


若干前後する言い回しはありますが、だいたいこんな感じです。全文はプレスリリースでご確認ください。
ある程度まともな日本語で、この程度であれば「誠意」に関しては問わなくても済みそうです。
6-7のあたりから、ホントに反省してんのかという気もするかもしれませんが、まぁ事実関係を順序だてて話し、
「我々はそう思っていたが、それは間違いだった。なぜなら我々の企業の方向性が~」という形なので発表だけを見れば問題は無いでしょう。

今回の発表に限っては、私は70点くらい差し上げても構わないと思っています。

これまでの非常に言い訳じみた醜い日本語と比べ、今回は精一杯謝罪しようという前向きさ、ひたむきさを感じました。

ただ、なんですか。
4に関して判りやすい例を挙げると、ドラゴンボールが売れたので、グッズ販売用として同じ会社がゴールデンボールを作って売ったということだと思います。
d0050070_230770.jpg
オフィシャル発の類似商法ですよね、結局。
一見よさげな今回の謝罪ですが、まとめるとエイベックスの言い分は
「ちょっと口元を変えたからAAのFlashと製品のFlashは別物だ」ということが間違っていないと思っていました。
でも製品Flashをグッズ化するにあたり、まがいものの別キャラを作りました。
2番含め、この「なぜ別キャラを作る必要があったのか」という点で大きな矛盾を生んでいることになります。
間違いだったということに気づいてなかったんだったらそのまま出せばよかったじゃねーんですかと。

あとこの発表だけ見ると、全てエイベックスが行ってきたことのようですね。
ZENはどこにいったんでしょうワラ


ま、判りにくいとはいえ、とりあえず公式で「パクりでしたすんません配慮足りませんでした」と言ったことになるので、
モナー云々については一応の決着でしょうか。世間様に対してもっとはっきりずっぱりと「これパクりなんで!」と言えよとは思いますが。
あと事後処理としてエイベックスが行わなければいけないのは、販売しちゃった分の回収の件、
すでに受け取ったロイヤリティ(なんで業績予想は変わらないのか。最初からのまネコは計算外だったのか?)の件、
「失墜したモナーおよびインターネットコミュニティの信頼の回復」の件だと思います。

そしてZENの実態究明

うん、問題がすっきりしてきましたね。今回の矛盾点についてはまぁもうどうでもいいやプ



ところで




世間のクリエイターに対する謝罪がありませんね?


というか、×浦から一般層への暴言等に対する謝罪と辞職がまだですね。

そこどうなのよ?私が今回の件で一番腹に据えかねている場所なんですが。

まだへそ茶残ってますよ?今ならセットで仕事もお安くなっておりますってばよ?




追記:なんでも×浦って某国民的アイドルグループのパロディエロ漫画のキャラでいるという通報を受けました。四方八方から襲われる役?らしいです?


お似合いですねプ
[PR]

by goukasoshina | 2005-10-12 23:43 | 最速の日常


<< 引越しのため、3,4日ほどお休...      今日はカバラ教秘術がどうとかい... >>