2005年 09月 21日

木村さんのBlogにつながらない

のですがなんの陰謀でしょうか。

と思ったらLivedoorBlog全体が相当な重さみたいで、ワリ喰って404が表示されることもあるだけの様子。更新したらテキストと問題の画像だけは読み込んだワァ


さてそんな話題で始まった今日のBlog。まずはこちらをご覧ください。
今回のトラックバック記事です。
*ちょっと前の記事になるのももういつものことですね。

タイトーがセガ発売のムシキングブームにあやかろうと、韓国で製作された同様のゲーム「ダイノキング」の日本内販売契約を結んだものの、
セガがすでに中身が9割9部9厘同じゲーム、「古代王者恐竜キング」を開発していた。
という話です。「恐竜キング」は、ムシキングが売れてるうちは出す気はなかったということで、ロケテに抑えてひっこめたとか。
こちらは今回のAMショウ2005、タイトーブースの内容です。
で、セガはこれに大激怒らしく、一度は引っ込めた恐竜キングをAMショウ2005にて出展し、警告文を掲載したとか。
つまりこのイベントで全くといっていいほど同じゲームが別々のブースで出されたことになります。
ほんと最近こんなのばっかですよね。のまネコだって傾いたような弱小会社が金ほしさに契約を・・・
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ?


のまネコWiki、のまネコ問題情報-商品関連リンクより。

●タイトー (メール&電話)
のまネコぬいぐるみ
http://monaken.livedoor.biz/archives/50056614.html
*記事題名:2005AMショウいってきたよ モナーがいっぱいの巻
問い合わせメールフォーム
ttps://www.taito.co.jp/inquiry/form.html
お客樣相談センター 受付時間 10:00~18:00 年中無休
TEL 0120-57-0788



同じイベントで発表ですか。



問題。次の条件から、筆者のタイトーに対する印象を推察せよ。
1:筆者のゲーム人生上位三位に食い込むエストポリスシリーズの発売元である。
2:エストポリス3がPSで出るといううわさが流れた際に「そんなのうちで出す気はねぇよ」と言われた時、タイトーに対する呪詛を並べる日々をすごした。
3:その後海外で発売された番外編を日本で発売する際にイラスト等で揉め、なにやらぐだぐだな子供向けになった時、なんだかとても瞬獄殺が出そうな気がした。
4:仮にも大手、モナーのパクりだって判っているだろうに、それでも出すなんて最悪だよね。金のことしか考えてないよね。ネバカンも最悪なとこと契約しちゃったね。
5:仮にも大手、ダイノキングのパクりだって判っているだろうに、それでも出すなんて最悪だよね。金のことしか考えてないよね。ネバカンも最悪なとこと契約しちゃったね。


今回のことでスクエニのタイトー買収がチャラになってくれると面白いんですが。


モナーといえば
墨香Online
たまたま検索にかかってきたんですが、すでにWikiにも貼られてるようですね。
2chと共同して製作した開発元のネッツジャパンは
「ネットワーク上で語られている『AAは誰にも縛られない』という精神を尊重し、今後も2ちゃんねると協調しつつ、AAキャラクタ達を採用していきたい」
と語っているようです。

この精神を最後まで貫き通せれば良い見本になるのでしょうが・・・さてどうなんでしょうね。
コラボという以上は、利益とかは一部2chに出たりするんでしょうが、これを2chがどう利用するかも気になるところ。まぁ750万の例もありますし、こちら側は問題ないとは思いますが。



#最速の家が片付き始めました。
散らかってる家並に。
#台所は母の協力を得てちゃんと台所に。


今日はあと1個。
d0050070_3352553.jpg

これ。まぁ見づらいと思うので、少し書き出してみます。

 時事ランキング1位は、「のまネコ問題」。すいません、このコーナーを書く時までこの問題について知りませんでした。「<」や「-」などの記号を使って描いたアスキーアートのキャラクターの著作権をめぐる騒ぎなんだそうです、まだよくわかっていないんですが。でも同道の第1位。それだけ感心が高いんだろうけど、うーん。被害の大きかった「台風情報」の1.4倍とか、自民歴史的勝利の「衆議院議員選挙」の3倍近いアクセス数っていうのも、なんだかなぁって、ちょっと思います。

判ってないなら口挟むなよ無能。


政治は大事な問題ですし、台風も大変な被害が出たそうですが。
政治はむっちゃけ関心低いのは今に始まったことじゃありませんし、
台風なんてそもそも被害が出る地域自体が小さいし、そもそも被害出すような建築状態、危機管理能力というのがもうどうなんだよと。
台風の国鹿児島に生まれ育った私は思うのです。
あんたら台風でやしの木の枝がふっとんでクルマつぶすところ見たことないだろうと。
鹿児島で豪雪になって死人出たりしたら、道民はプギャーするんでしょう。それと同じですね。

事は一時的な問題である台風とは違い、人類が存続する限り永続的に続く「創造に対する概念」を争う物。
ある意味政治と同程度くらいには大きいと見られるでしょう。
となれば若者の関心が低く、インターネット利用者が比較的少ない政治関係よりも
若者層に大きな支持を得ている、インターネット上で間違いなく日本一大きなコミュニティの問題の方が検索数が多いのは当たり前なのではないでしょうか。

個人的にはgoogle調べ等、Blogサーフィン等、実数はさらに三倍くらいはあると思っています。


しかしよくわかりもしない事をあげて記事にするなんて。
なんですか、このライターってそのへんの中学生ですか。
なんだかなぁじゃねーですよ。そんな低次元な記事書くなと。
ちょっと大きめの台風くらいで騒いでんじゃねーですよ。


戦争の国から来た人が日本の若者見たらきっとこんな気持ちになるんでしょうかね。
[PR]

by goukasoshina | 2005-09-21 00:59 | 最速の日常


<< いきなり次回予告      メルブラのどうでもいいお話。 >>