最速の中のBlog

saisoku.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 18日

メルブラ所見

今日はいまさらながらメルブラをやりました。
学校がそういった連中の溜まり場だったことなどがあり、渡辺製作所の格闘物は前々から耳にすることも、実際目にすることもまれにありました。
メルブラはRBOで意気投合した同級から、パッケージ毎頂いたものでした。

そのどれもが作品として出来が良いとは言えず、
例えば格闘ゲームの呼び込みの根源である、ドット絵の見た目ひとつで
やる気を失ってしまいかねないなと(マップデータは何分割なんですかね)
考えていたことから、頂いたメルブラも今までスルーしてたのですが。

私が来月には東京に出る、という話を聞いたバイト先の人が、しばらく前に
おごりでゲーセンつれていってくれたのです。
SEEDマニアな方と4時間に渡り筐体を占領したその休憩時。
ふと横を見ると、そこにメルブラがおいてあるではないですか。
アーケード版が出たとは聞いていましたが、こんな辺境の地にも来るものなんですね。

私もワンコインだけやらせて頂きましたが、まぁ相変わらずの何倍にしたんだというドット絵に、
相変わらずのやる気なさそうなシステム含むヴォイス。
そして相変わらずのぬめり感のある、そこはかとなくストレスを感じるアクションが
逐一プレイヤーを萎えさせるのはもはや才能かしら。
専門分野以外のものは、レベルが低くても気づかないというのはよくあることですが、
さすがにこれだけ長く続けて気づかないっていうのは厳しいかもしれませんね。いろいろと。

とはいえここまで築きあげてきたTYPE-MOONや渡辺製作所の情熱には頭が下がる所。
やはりそうなると私もちょっと気になりまして、
この先輩方の作品を触らずに評価するのは、
MS発売前のアンチのようなもの。私が日々最も嫌う人種のひとつです。
これを機にやってみようかと思ったのですが。


気づけばストーリーモードを全制覇してたっぽいです。日も暮れてました。
ひ、引越しの準備が!大家に今の惨状を見られたら!P90の送付が!家の引き渡し先延ばしで家賃が!

まぁ技術的な点で、特化した演出家がいないとやはりこうなるのかなという、
ありていに言えば低レベルなところはあちらこちらに見て取れるのですが
こういうタイプのゲームは私も以前ちょろっと開発に関わった経験もあるため、
そりゃそうだよなぁと思うところもあり。よく処理しきったと思うところもあり、と
わりと楽しめました。


対戦してくれる相手がいないのでストーリーモードでおなかいっぱいです。

ヴォイスだけでもよければ、このやる気削がれ感もかな~り軽減できたと思うのですが。
まだ全員はやってませんが、私が格ゲー出すとしたら、売り物としてOK出して良いと思えるのはネロ、琥珀、アルクェイドあたりくらいでしょうか。アルクェイドは戦闘パートに限って言えばよくよくできていて良かったと。
むしろアルクェイドがこれだけよくできているのだから、このゲームの(私の中での)ヴォイスの質問題、半分は帳消しかなぁと。
*アーケードモードの声はどうせみんな飛ばすからはずす。
*まぁでも他の雑魚や新キャラはともかくカレーはどんなにカレーでも人気なくても一応月姫当初からの威力型主役級なんだからもう少しなんとかならんかったのかと。

ネロおじさまは月姫時代からのファンなんで、今回の強さっぷりはちょっと感動。以前メルブラの話を聞いたときは「ネロおじさまが使えるなら例えからっポリタンばりに弱くてもいい!」と言ってたのですが、なんでも大会でも強いとか?
もちょっと貫禄がほしかった気もしますけどね。


*ジャイアント秋葉に9回殺されました。ストーリーモードで負けたのはG秋葉とネロおじさまだけです。コンティニューさせられたのはG秋葉だけ・・・難度MAXとはいえ、自分のゲームセンスの無さを痛烈に感じさせられました。



今日のパクり問題。
「パクろうぜ」発言を聞いて黙ってはいられない。ミュージシャンとして恥じるべきだと私は思う。


http://home6.highway.ne.jp/jade/music/041119.html
より。

結局のところ、みんな怒っているポイントはやはり一緒なんだなと。
[PR]

by goukasoshina | 2005-09-18 22:03 | 最速のゲーム事情


<< 良いBlog~      電凸ネタ。 >>