2005年 09月 17日

のまのあれ。

まぁ空き時間でちょこちょこまとめなど見てるわけですが、

MUZOからだいぶ擁護されてるじゃないですか、二文字のあれな人。

なんでも?2chで作ったものにAVEXが手出してきただけで?
本人は著作権の主張なんかしてないとかなんとか?だから個人たたきやめろとか?

その後二文字なそういう人が見解を述べたようですが。


著作権売るって契約書にサインしたんでしょ?

あれな人のBlogより。

7月27日時点で私の持っていた「のまネコ」の著作権は、全て有限会社ZENに譲渡されており、
私は一切保有しておりません。

女性セブンのインタビューより

電車男では2次使用料の750万円が日本赤十字社に寄付された、とありますがわた氏の場合は?
一般的なクリエイターと同様で、映像の権利を買い取るということで、ギャラは数十万円ほどです。

今後彼女はクリエイターとして仕事をしていきたいとのことなので、一緒に仕事をしてサポートしていくつもりです。



FLASH全体ではなく「のまネコ」そのものの著作権を持っていたって言ってますよね。
そいつを譲渡して数十万手に入れたと。

著作権を持っていたと。

それを売ったと。

全部まとめて売ったから今後お金は入りませんよと。


-_-よ、と。


#たしか著作者人格権は譲渡出来ないんじゃありませんでしたっけ?


謝罪文から謝罪しようという気持ちがかけらも伝わってこないああいう人なのはすでに周知、なわけですが。
ようは金に目がくらんだわけじゃないですか。AAを売るんだって判っててサインしたわけじゃないですか。
判らないわけがないじゃないですか。
個人的にはそんな契約結んだ時点で人の最底辺だと認識してます。
アホみたいな罰金かかえて破産して親に泣きついておけ、と。

なんかこう、やたらめったらいらつく問題だなぁと思ったら、
私この人と同列視されたくないということでした。

同じクリエイターに見られたくない、と。
そんなわけで次回は「最速の中のクリエイター定義」。


貧乏人の僻みかもしれませんがプ
[PR]

by goukasoshina | 2005-09-17 01:23 | 最速の日常


<< 最速の中のクリエイター定義。      工作員乙。 >>