最速の中のBlog

saisoku.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 30日

アラド戦記が面白いかですって?

mugenでバーサーカー作り始めてから、「アラド戦記面白い?」と聞いてくる人が増えました。

クソゲーです。

それもかなりのレベルのクソゲーです。

運営?
システム?
課金アイテム?

どれもこれもとぐろ状に三段重ねにして先を尖らせたようなひどさですが
何よりもまずアクションゲームのカナメであるレベルデザイン(マップ構成、敵の強さなどのバランス)が
ファミコンレベルのひどさです。

例1:
ザコ(うじゃうじゃいる)の攻撃。ナイフを構え投げつける攻撃をしてきます。
1f目(構えモーション)からすでに当たり判定がありフルアーマーです。
このタイプのザコはどこにでも溢れています。

例2:
緑ネーム(STGで言う中型機のような存在)。
様々な喰らいキャンセルを搭載しています。
喰らいキャンセルハイパーアーマー高速突進広範囲高火力掴み攻撃
リフトキャンセル(空中で立ちモ復帰)フルアーマー連続DOT攻撃
ダウンキャンセルイパーアーマー高速広範囲高火力掴み攻撃
ジャンプ攻撃の着地が完全無敵
Q(触媒を用いる強力な)スキルを使うとどのような状況からでも無敵回避
などなど。HITすると高確率でスタン、拘束などの状態異常にかかるキャラが多いです。
この攻撃は連続で行ってきます。例1も搭載した敵に多いです。
また、例1を搭載した広範囲攻撃を持つザコを大量に引き連れている場合が多いです。

例3:
APC(プレイキャラクターと同様の外見を持つ、様々な職についた人型の敵)。
プレイキャラクターに不可能な攻撃を繰り返してきます。
重甲(板金に次いで堅い)を装備するHPの多い職でも5,6回は余裕で死ぬような掴み攻撃など。

例4:
ボス(ボス)。
あたるとしぬ。


日本でこんなアクションゲーム作ったら3日と会社にいられないレベルのバランス調整が溢れています。
韓国にありがちな、外見だけ似せただけのクソゲーですので
今始めていない人たちは、悪いことはいいません。やめておいたほうが無難です。


ちなみにヴァルキリースカイも同様です。所詮ゴキブリ種族の作ったものですので
プレイされる方はそのへんをしっかり念頭にいれておきましょう。
[PR]

by goukasoshina | 2010-03-30 21:09 | 最速のゲーム事情


<< 現在の作業状況と重大な不具合の報告      違和感は感じていた。 >>