最速の中のBlog

saisoku.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 18日

AIへの要求

なにやらmugenアラド勢の間でアツく意見が交わされております。
私はAIを作れない程度の駆け出し、
メタルマックスで言えばレンタルキングくらいの範囲のことしか出来てないのですが、
せっかくなのでひとことふたこと。

せりかさんは原作人プレイ準拠の考え方をされています。
それはキャラクタ性能に限らず、「原作ユーザがどのように受け止めているか?」という、
そのゲームをプレイしている側から見た製作基準です。
阿修羅AIはある程度これに反した行動を取るとしてますが、
なるほど再現性の高さと人くささはここから来るものなんですね。
超反応鬼斬りなどに関しても、開幕でクエー!しちゃうのもあって
リスクの高いぶっぱプレイに見えることから、私は違和感がありません。
ダッシュガードも、ショートカット前提のアラドでは決して不可能ではないこと、
私自身のキャラも「ダッシュからのキャンセルバックステップが可能」という点で再現したりしてます。

そうそう、余談ですがクイックスタンディングが修正され、いい具合にコンボを受けたり回避できたりするようになりましたやめて10割やめて


一方のQK2Keyさんも人操作前提ではありますが、
こちらは強い(定義は人によるでしょう)AIを作成すること自体の楽しさも追求しています。
キャラクタ性能の範囲であれば原作に縛られることなくのびのびと作られていますね。
公開されてるキャラクタや伺った話から、原作ではやらないコンボも活用されているようです。
これは急ピッチで作成していただいている私のbskのAIも同様で、原作bsk勢へ違和感を与えるかもしれませんが
地上でブンブンしてるだけの原作bskがいたとして、
mugenという舞台では他(ゲー)者にどのような目で見られるかと考えると
むしろ喜んで迎えるべき変化ではないでしょうか。
「理想を今の手法で行うと露骨すぎるが、AIがこう動くから自分の技のフラグをこうすると結果理想に近づくという
AI基準論の緻密さが連子さんの強さと、見た目よりもずっとアクロバティックな機能美にも直結しているんだなと感じます。


二元論では決して片付けられない、と前置かれてるこの話題、作ってもいない私が言えることは少ないのですが・・・

mugenの面白さはどこにあるか?というのが気になります。
当然お二人ともそこに重点を置かれてるのは間違いなく
文中でも触れられてはいるのですが、その後は具体的なAIの形についての話になっています。
受け取り手側の視点を自身に置いた上でAIやキャラ性能のよしあしを判別するから、
ちょっと話がかみ合わないんじゃないかなぁという印象。
意見交換という場ですから、そういう視点を持っている、というそれ自体が面白いんですが。

AI大会のくくりで考えた際、mugenの楽しさに何より重要なのはキャラやAIではないですよね。
大会主催者の手腕のみといってもカゴンさまではなく、セリアだって振り向かない。
完成度が低いキャラも、原作再現キャラも、ネタキャラもホモキャラも無機物もどれも区別のない「mugenキャラ」ですし。
「永久コンボ当たり前、即死コンボ当たり前」大会と認識した上で見ればそれは不満を感じず、
「先に攻撃した方が負け」大会であれば「movetype=Aになった瞬間死ぬ」などという
およそ脳のどこをいじったら出てくるのか疑問すら持つようなバカな仕様に文句を言う人もいないと思います。
いいぞもっとやれ。

いいぞもっとやれ、と参加キャラを見ているみんなが思えるようなマッチメイクこそが大事なのであって、
そこで反感をもたれるの(例えば永久コンボに萎えるであるとか)は結局は作り手側の手落ちではないでしょうか。
私は「AI叩き、キャラ叩きはご遠慮下さい」というあの言葉が便利な免罪符にしかみえません。
どのような(例えば練習で作った1f目から発生を持つ画面全体即死攻撃しかもたない)キャラでも
バカとハサミ、時と場所を選べば活躍できると思います。無差別に放り込むと顰蹙買うのは当然ですよね。
自衛か挟まれるその言葉を見るたびに、この人はこのような逃げ道を作ったのだとテンションが下がります。
はたしてその言葉でいったいどれほどの「マナーない東方厨と東方アンチ視聴者」が黙ったでしょう?
仮にも大会と名を持たせる以上、エンタテイメントとはどのようにあるべきか?
ルール解説も含めてそれをまずは考えてほしいものですね。

話がずれた気がしましたが。
個人主張がはっきりと分かれていて非常に興味深いと思う反面、
結局はみなさんの言う「製作者次第」に集約されているんだなぁと

mugenいちねんせいの最速の粗品は田舎から届いたかすたどんをぱくつきつつのんきに思うのでした。


あ、ちなみに最速粗品の座右の銘は「人の意見は半分だけ聞け」です。
他人の意見をなんでもかんでも採用すると水気が飛んでいない肉に醤油をふるようなことになってしまいます。
そういやぽっぽがついったーでそんなことやるつってたなアホじゃねーの
↑久方ぶりの謎の空白
最初から振る順序とタイミングを決めて、それが崩れない範囲で人の意見を織り込んでいこうといったものです。
まぁ、なかなかうまくはいかないのですが。

第三者視点で辛辣な言葉に見えることでもまったく気にせずありがたく頂戴してますので
どちらもお気になさることないよう、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
半分しか聞かないのですが。



座右の銘メーカーによると「釣りはいらないぜ」でした。
フルネームで入れたら「オスメスキス」でした。

サッカー能力はシュート力6でした\(^o^)/
スピード65トップスピード35加速力85ドリブルスピード91ドリブル精度35
メンタリティ96ディフェンス86ゴールキーパースキル84攻撃性93
ってどう解釈したらいいんですかこれ
[PR]

by goukasoshina | 2010-03-18 14:08 | 最速のmugen


<< 3連休      hitonceの困った仕様 >>