2009年 08月 05日

国民的美少女

どこを基準に判断してるのかわからないけど
高校時代に所属していた演劇部の子の方が間違いなく美人だった。
顔のパーツも綺麗に並んでいたし、痩せすぎず太すぎず、肉感あるスタイルでしたし。

ていうかうちの演劇部っていいとこ揃っていた気がするなあ
普通に美人な子もだけど、ちょっとふくよかなのがかわいい子とか
下級生では天パなのか、ウェーブがかった長髪の童顔子とかいたし
そうそう、やたらめったら細っこい子とかいたなあ、あれはちょっと心配するくらい細かった
みんな美人だったよ、うん。

私?エクスカリバーで庭の木を切ってものすごい怒られました・・・
あと2枚張りのガラス戸をぶち破って血まみれになったり
ファンの子に手紙出すのを渋っていたらその子学校やめちゃったり。

そういや当時私が学校サボってオランダ・イタリアを旅している間に世の中はかなり動いていて、
たしかユーロ実装だとか、団子さんちの三兄弟だとかがものすごい流行りようで帰ってきたらウラシマン状態。
ユーロについてはちらっと聞いていたので、まあそれが実装される調度前後くらいだったんだろうなで済みましたが
団子さんちの三兄弟に至っては全くわけが判らず、ブームどころか日本に取り残された気がしました。
「純日本音楽すぎる」ということで、うちのいとこ三姉妹は大嫌いだったみたいですが。
まあオランダの中心部でピアノ勉強してりゃそりゃあ・・・ねえ。

あとこれはたぶん時期的に違うんじゃないかと思いますが、
やはり私の預かり知らぬところで(パチ・・・バイトしてましたので、あまり部活に顔を出さなかったせいなんですが)
どうやら部内は2派に分かれていたようで、さらには私を部長に据えるつもりだった、と広報さん。

ま元々私の中学時代の部活の1個上世代がぞろついてこれまた同じ演劇部に所属していたせいで
否応なしにそのような構図(つまりは事なかれ派と過激派?)に分かれさせられたという面もあるのですが。

・・・時効でしょうけど、私1個上世代(高校では2つ上の学年)の人に広報部長を頼むと言われたりしたんです。
彼女も危ういところがあるのは判っていると思う、出来るだけフォローしてやってくれ、と。
かいかぶりすぎだ、と答えたのですが、特に敵対・かばい立てる理由もありませんでしたし
自分なりに生きていたらそちら側に立っていたのも確か。

そんなこんなで2派に分かれていたようで、部長昇進には広報さんか凸凹コンビのでっぱった方かということで
それならば最速が適任と考えたとかなんとか、広報さんが愚痴ってました。


まあ私が部室に顔を出したときにはすでに決着していて、
ホントに何も知らないうちに勝手な派閥抗争が過ぎ去っていったわけですが。



ああ思い出した、こないだmixiで高校時代の同級が「俺嫌われ者だったからさー」みたいなこと言ってて、
君のはいじめられてたんじゃなくていじられてたんだよ私を見てみなさいってつっこんだら
「あんた個性的すぎたんだよ」って返されました。
君私の卒業アルバムん寄せ書き欄になんて書いたか読み上げてやりましょうか\(゚∀゚#)/

寄せ書きといえば、広報さんの相棒で物静かな突っ込み役所の子が書き残した文が
よほどこいつ書くことが無かったんだろうなと当時は思ったものですが、
結構詩的でまた謎に包まれているんですよねえ・・・そのとき窓から見た校庭の風景とかあらわしてて。
今なにしてんだろみんな


↑同窓会はサボった
[PR]

by goukasoshina | 2009-08-05 16:46 | 最速の日常


<< 連番ファイルを処理できない      ウォーキングすごい >>